R・トゥルース

R・トゥルース

R-Truth
アメリカ・ノースカロライナ州シャーロット出身
スーパースター

人物紹介

学生時代はフットボールや陸上競技を経験し、ヒップホップとブレイクダンスも夢中になる。音楽活動の費用を稼ぐためドラッグの売人となり、20代の頃には4度の逮捕と13ヶ月の収監歴がある。刑務所から出所後、2年間の音楽活動を経て、NWA(後のWCW)のジャッキー・クロケットからレスラーになるよう誘われる。

1997年にマネージャーとしてプロレスデビュー。レスラーとしての初試合は1999年。同年にWWF(現在のWWE)と契約し、2000年11月にRAW初登場。2002年に一度解雇されてTNAを主戦場とするが、2008年にWWEと再契約し、2008年8月に「R・トゥルース」のリングネームで再デビュー。2010年にはシングル初となるUS王座を獲得。歌い踊る陽気なキャラとして人気を集める。

2011年、ヒール転向してジョン・シナとのWWE王座を巡る抗争中に、精神錯乱と妄想により「リトル・ジミー」という架空の存在と話をする謎キャラに変貌。同年8月にはミズと組んで選手やレフェリーへの襲撃を繰り返し、トリプルHから解雇を言い渡される(ストーリー上)。そのトリプルHとも抗争し、ヒールキャラを確立。

2018年にスーパースター・シェイクアップでSMACKDOWNに移籍した頃から「勘違いの多い男」としてコメディー路線となり、当時女子王者だったカーメラに挑戦を表明するなど錯綜。そのカーメラと意気投合してユニットを結成し、男女混合タッグトーナメントで優勝するなど再び脚光を浴び始めている。

異名・ニックネーム

陰謀論者 (The Conspiracy Theorist)

ヒール時代、リトル・ジミーが見えていた頃の異名。

決めゼリフ・口グセ

どうした? (What's Up!?)

「盛り上がってるか?」「調子はどうだ?」みたいな感じで観客を煽る時のセリフ。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ライ・ディテクター (Lie Detector)

相手の正面から抱え込み、そのまま後方に勢いよく倒れて顔面を強打させる。ヒール時代は「リトル・ジミー(Little Jimmy)」という技名だったが、その後に「ワッツ・アップ(What's Up)」となったり、技名がコロコロ変わる。

コークスクリュー・シザース・キック (Corkscrew Scissors Kick)

相手の頭部を両脚で挟み回転させて倒す足技。ブッカーTのシザーズ・キックに似ている。

トゥルース・オア・コンセクエンシズ (Truth or Consequences)

ブレーンバスターの体勢で持ち上げ、頭上で相手の身体を反転させてアゴを自分の肩に落とす変形スタナー。

WWE年表

2019年
1月
ランブル戦に出場できなかったお返しとして中邑真輔の持つUS王座挑戦が認められ、勝利して新王者となる。直後に元王者のルセフから挑発され、防衛戦にも勝利。しかし試合後、突如結託した中邑とルセフから襲撃される。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の男子ランブル戦に30番手で出場するはずが、入場時にラップを歌っているところをナイア・ジャックスに襲撃された上、出場権をも奪われる。
2018年
12月
クリスマス開催のSDでサンタクロースに扮するが、ダニエル・ブライアンに難癖をつけられた挙げ句、襲撃される。
12月
カーメラと組んだ「ミックスドマッチ・チャレンジ」で決勝に進出。PPV「TLC」でマハル&アリシア組と闘い、勝利して優勝。次回PPV「ロイヤルランブル」の男子ランブル戦30番目の出場シード権も獲得。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のバックステージでボケ連発。SD女子チームとしての出場を直訴し、敵陣のRAW男子チームで結束を訴え、SD男子チームの控室ではミズにベッキーのサインをねだる。
10月
SMACKDOWNの1000回記念放送オープニングで消滅したはずの「トゥルースTV」を復活させ、マクマホン一家と共演。
9月
ミズTVをパクったトークショー「トゥルースTV」をカーメラと2人で開始。本家ミズに抗議され、トークショーを賭けて闘った挙げ句、敗れる。
9月
カーメラ絡みの勘違いネタを続け、当のカーメラ本人にも勘違いを連発して胡散臭がられるも、そのカーメラと意気投合して行動を共にするようになる。
8月
US王者の中邑真輔に王座挑戦を直訴。その際「(女子王者の)カーメラに勝てばいいんだろ」と勘違いし、中邑を呆れさせる。試合は敗れる。
7月
復帰戦でサモア・ジョーと対戦し、秒殺負け。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」でSMACKDOWNに移籍。
2017年
10月
試合中に肩を負傷して手術。長期欠場に入る。
5月
ゴールダストに襲撃され仲間割れ。チームは解散。
2016年
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
4月
ゴールダストからタッグ結成を呼びかけられ、断り続けたが最終的に受諾。しかしゴールダストの気が変わり結成前からタッグ解消。
1月
PPV「ロイヤルランブル」のランブル戦に出場。ハシゴ戦だと思い込んでリング中央にハシゴを立てて上るという勘違い芸を披露。
2015年
11月
RAWの「ミズTV」にて、王座決定トーナメント準決勝進出者4名に混じり登場し、ミズからトーナメントに出てないことを指摘されて困惑しながら退場する勘違いっぷりを披露。
7月
バレットと抗争開始。手作りの王冠をかぶって「キング」を襲名したバレットを日々小馬鹿にする。
6月
PPV「エリミネーション・チェンバー」でIC王座決定チェンバー戦に出場。
5月
スターダストとの対戦時、苦手なクモのオモチャを見てビビリまくり試合に負ける。
4月
PPV「レッスルマニア31」にてハシゴ戦形式IC王座戦に出場。
3月
バレットが保持するIC王座のベルトを何度も盗み、誰かにプレゼントしたり自分で隠し持ったりする変人っぷりを披露。
2014年
9月
ミズに対抗したジグラーのスタントマン役として「Rジグラー」に変身。
7月
ボー・ダラスの連勝記録を止める。
4月
ウッズと組み、ルセフとのハンディキャップ戦に挑むも敗れる。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る