エグザビア・ウッズ

エグザビアー・ウッズ

Xavier Woods
アメリカ・ジョージア州コロンバス出身
スーパースター

人物紹介

トゥルースの新タッグパートナーとして2013年にRAWデビュー。頭脳明晰で博士号取得を目指しながらレスラー活動をしているというギミックで、1軍デビュー当初はテーマ曲を巡りクレイと抗争。

2014年12月、コフィ&ビッグ・Eとユニット「ニュー・デイ」を結成。ユニットのにぎやかし担当。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ロスト・イン・ザ・ウッズII (Lost in the Woods II)

相手のアゴに片足を当てた状態で倒れ込むフェイスバスター。

シャイニング・ウィザード (Shining Wizard)

オリジナルは武藤敬司。中腰になってる相手に助走をつけてヒザ蹴りを叩き込む。

WWE年表

2018年
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に14番手で登場。
4月
PPV「レッスルマニア34」でトリプルスレット戦形式のSDタッグ王座戦に出場。ブラジョン・ブラザーズに敗れて王座奪取ならず。
3月
SMACKDOWN#971で復帰。
3月
PPV「ファストレーン」でウーソズの持つSDタッグ王座に挑戦したが、試合途中に乱入したブラジョン・ブラザーズによる鉄階段へのダブル・パワーボムを喰らい胸椎を負傷(試合はノーコンテスト)。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の男子ランブル戦に出場。
1月
空位となったUS王座争奪トーナメントに出場。1回戦でエイダン・イングリッシュに勝利。準決勝でジンダー・マハルに敗北。
2017年
12月
SMACKDOWN#958でタッグ王座挑戦チーム決定トリプルスレット戦に出場。フォール負けを喫して挑戦権獲得ならず。
12月
PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でSDタッグ王座を賭けた4ウェイ戦にセコンドとして出場。勝敗には絡まず。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」でシールドと6人タッグ戦。コーナー最上段からのトリプル・パワーボムを喰らってコフィがフォール負け。
11月
PPV直前のSMACKDOWN#952でオーエンズ&ゼイン組と対戦中、RAW所属のシールドに乱入され、報復の襲撃を喰らう。
10月
RAWタッグ王座戦の試合中、観客席に登場してRAW全選手を挑発。間接的にロリンズ組が王座陥落する原因となる(翌日のSMACKDOWNで「彼等の王座陥落は想定外」「俺達は包囲網第2弾をしに行っただけ」と釈明)。
10月
PPV「ヘル・イン・ア・セル」で史上初となるヘル・イン・ア・セル戦形式のタッグ王座戦。ウーソズに敗れて王座陥落。
9月
SMACKDOWN#943でウーソズの持つSDタッグ王座に挑戦し、勝利して新王者となる。
8月
PPV「サマースラム」でウーソズとSDタッグ王座戦を闘い、敗れて王座陥落。
7月
PPV「バトルグラウンド」でウーソズの持つSDタッグ王座に再挑戦。勝利して新王者となる。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でウーソズのタッグ王座に挑戦。カウントアウトで勝利するが王座奪取はならず。
5月
SMACKDOWNに移籍後初めて登場。ウーソズのタッグ王座に挑戦することを宣言する。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」によりSMACKDOWNに移籍することが発表される。
4月
PPV「レッスルマニア33」でニュー・デイとして公式ホストを務める。
2016年
12月
PPV「ロードブロック」でRAWタッグ王座戦。セザーロ&シェイマス組に敗れ、戴冠記録が483日でストップ。
12月
2度のトリプルスレット戦を制し、デモリッションが保持していたタッグ王座歴代最長記録「428日」を抜く。
8月
PPV「サマースラム」でギャローズ&アンダーソンとWWEタッグ王座戦を闘い防衛成功。
7月
PPV「バトルグラウンド」でワイアット・ファミリーと6人タッグ戦。
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
5月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でボードビレインズとのタッグ王座戦に出場。自らフォールを奪って勝利。
4月
PPV「レッスルマニア32」でサプライズ登場したストーンコールドに踊るよう執拗に促す。少しだけ踊らせることに成功するが、直後にスタナーを喰らって必要以上に吹っ飛ぶ。
1月
愛器の死を弔うが、翌週のPPV「ロイヤルランブル」タッグ王座戦に新しいトロンボーンを持参して登場。
1月
RAWでのタッグ戦で対戦相手ウーソズのセコンドについたジェリコにトロンボーンを奪われ、最後には破壊されて号泣。
2015年
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のエリミネーション戦に出場。
10月
RAWにて試合後にダッドリーズのコーナー最上段パワーボムでテーブル葬。以降の大会を欠場する。
9月
PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でタッグ王座戦のセコンドにつき、コーナーでのキック連打時にトロンボーンでドレミの音階を吹く芸を披露。試合後はダッドリーズのテーブル葬を喰らいピクピク痙攣。
9月
仲間の試合中に場外でトロンボーンを吹きながら大騒ぎする芸を身に付ける。
8月
PPV「サマースラム」で4ウェイ形式のタッグ王座戦に出場。試合には出場せずセコンドとして場外で騒ぎまくる。
6月
コフィの代役としてタッグ王座戦に出場するが、自分が負けて王座陥落。
2014年
12月
コフィ&ビッグ・Eとのユニット「ニュー・デイ」としてRAW等の出番が増え始める。
2月
トゥルースと組んでルセフとのハンディキャップ戦に挑むも、試合前に蹴られてダウンしたまま何もせず終了。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る