カーティス・アクセル

カーティス・アクセル

Curtis Axel
アメリカ・ミネソタ州チャンプリン出身
スーパースター

人物紹介

祖父はラリー・ヘニング、父はWWE殿堂者ミスター・パーフェクト(カート・ヘニング)という3世レスラー。以前はマイケル・マクギリカティというリングネームでウェイド・バレット率いるユニット「ネクサス」に所属し、オタンガとのコンビでタッグ王者にもなった。

ネクサス解散&オタンガとのコンビ解消後、ポール・ヘイマンに見出されたという設定でリングネームをカーティス・アクセルと変更。ヘイマンとのコンビを解消してからはライバックとタッグチームを結成していた。

2015年のロイヤルランブル戦で入場の際に襲撃されて出場できず、今もまだ負けていないという錯綜ギミックを開始。ホーガンのセリフや技などを全てパクった「アクセルマニア」として地味な人気を獲得し始め、ランディ・サベージをパクったサンドウと「偽物メガパワーズ」タッグを結成するがホーガン解雇により強制終了。2016年からヒールユニット「ソーシャル・アウトキャスト」を結成。2017年にはミズ、ダラスとヒールユニット「ミズトラージュ」を結成。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

アックスホール (Axehole)

ネックブリーカーの体勢から相手の後頭部ではなく顔面を叩き付けるフェイスバスター。アクセルに改名後のフィニッシャー。

パーフェクト・プレックス (Perfect-Plex)

フィッシャーマン・スープレックス。父カート・ヘニングのフィニッシャーだった事から使い始める。

ターニング・ヘッズ (Turning Heads)

高速ネックブリーカー。マクギリカティ時代のフィニッシャー。アクセルに改名直後もフィニッシャーとして使っていた。

WWE年表

2018年
9月
ジグラー&マッキンタイア組とRAWタッグ王座戦を闘い、敗れて王座陥落。
8月
PPV「サマースラム」でリバイバルを相手にRAWタッグ王座戦。勝利して王座防衛。
7月
RAWで前王者組と再戦して勝利し、王座防衛。
7月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でマット・ハーディー&ブレイ・ワイアットの持つRAWタッグ王座に挑戦し、勝利して新王者となる。
5月
ミズと訣別したため「ミズトラージュ」のユニット名が消滅し、新しいユニット名として「Bチーム」を名乗る。
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に4番手で登場。
4月
ミズのSMACKDOWN放出に伴いミズトラージュは解体。メインの10人タッグ戦でミズからのタッチを拒否し、ミズを裏切る。
2月
PPV「エリミネーション・チェンバー」キックオフ・ショーでギャローズ&アンダーソン組と対戦し、敗北。
2017年
10月
PPVでシールドと対戦するメンバー入りのため、ストローマンたちにけしかけられてシールドの3人にケンカを売りに行くが、返り討ちに遭い失神して宙吊りになっているのをミズに発見される。
10月
シールドをパクって観客席から入場するが、前週襲撃したレインズの報復によりステージ上でイス攻撃の滅多打ちにあう。
9月
IC王座挑戦者決定6パック戦に出場。ジョーダンにフォール負け。
6月
ミズにそそのかされ、ボー・ダラスと共にアンブローズを襲撃。ヒールユニット「ミズトラージュ」を結成。
2016年
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
1月
PPV「ロイヤルランブル」のランブル戦に今年は無事出場。
1月
ヒールユニット「ソーシャル・アウトキャスト」を結成。
2015年
5月
自分のことを棚にあげてモノマネキャラのサンドウと対立していたが、アセンションと対立したことでサンドウ演じるマッチョ・マンドウと電撃和解。モノマネ版メガパワーズを結成する。
3月
ランブル戦でまだ負けてないネタが発展し、自分の脳内での大活躍を「アクセルマニア」と称し始める。赤Tシャツを着てホーガンのセリフやTシャツ破りをモロパクリしながらアクセルマニアを連呼するが、最後は本家ホーガンに殴られる。
2月
ランブル戦不戦敗をネタに「俺は敗退してない、祭典に出せ」と愚痴をこぼしてアンブローズにボコられるという寸劇を繰り返す。
2月
ランブル戦に出場するはずが、入場ステージ上でローワンに襲撃され、不戦敗。
2014年
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でゴールダスト&スターダストにアッサリ負ける。
6月
コーディ&ゴールダストに連勝。コーディが変身するキッカケを作る。
4月
ライバクセルとしてウーソズのタッグ王座に挑戦。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る