エピコ

Epico
プエルトリコ・サンフアン出身
スーパースター

人物紹介

2004年にインディー団体でプロレスデビュー。2006年には叔父であるカルロス・コロンが主宰する地元のプロレス団体WWCに覆面レスラーとして加入。2009年には日本のZERO1に参戦し、大谷晋二郎とタイトルマッチを闘ったこともある。

2010年にWWEと契約。フニコ(現在のシン・カラ)とのタッグユニットを経て、従兄弟(いとこ)のプロモ、マネージャーのローザ・メンデスとユニットを結成。WWEタッグ王者にも輝いた。

2013年9月、パートナーのプリモと共に闘牛士ギミックとしてキャラクターチェンジ。ミゼットレスラーのエル・トリートと三人でタッグユニット「ロス・マタドール」を結成し、リングネームを「フェルナンド(Fernando)」と改名。覆面をかぶったルチャ・リブレのスタイルで活躍するがタイトル戦線にはあまり絡めず、2015年のトリート追放後は番組からフェードアウト。

2016年5月、覆面を脱いで素顔キャラに戻り、リングネームも「エピコ」に戻してプリモと共に新ユニット「シャイニング・スターズ」として番組復帰。2017年4月にはユニット名を「コロンズ」に変更した。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

シャイニング・スター (Shining Star)

ユニット「シャイニング・スターズ」となってからのフィニッシャー。一人が正面からジャンプして放つ顔面蹴り、もう一人が相手の足を払う水面蹴りの合体技。

バック・スタバー (Backstabber)

プリモと同じくエピコ時代にフィニッシャーとしていた。相手の背後で肩を掴み、両ヒザを立てて倒れ込み、相手の背中を叩き付ける。

WWE年表

2018年
8月
SDタッグ挑戦者決定トリプルスレット戦に出場(勝敗には関係せず)。
4月
3ヶ月ぶりに復帰。SMACKDOWNの8人タッグ戦に出場。
1月
肩を負傷して手術を受ける。
2017年
4月
SMACKDOWNに移籍。タッグ名を「シャイニング・スターズ」から「コロンズ」へと変更。
2016年
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦(タッグ部門)に出場。
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
5月
素顔に戻り、リングネームもエピコに戻して新ユニット「シャイニング・スターズ」として番組復帰。
2015年
9月
RAWにて味方のトリートを暴行し、ユニットから追放する。
8月
PPV「サマースラム」で4ウェイ形式タッグ王座戦に出場。
6月
PPV「エリミネーション・チェンバー」のタッグ王座決定チェンバー戦に出場。
2014年
6月
足を負傷し、短期間だけど欠場。
4月
PPV「レッスルマニア30」の事前番組でWWEタッグ王座決定4ウェイ戦に出場。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る