ラナ

Lana
アメリカ・フロリダ州ゲインズビル出身
スーパースター(女子)

人物紹介

ロシアのプーチン大統領を崇拝するギミックで、ロシアなまりの英語を話して観客の憎悪を集めている。実際の出身はアメリカだが、幼少時に旧ソビエト連邦時代のラトビアで過ごし、17歳で帰国後はバレエダンサーや音楽活動、女優としても活動していた。

2013年にWWE入団。現在はルセフのマネージャー的存在で、超ミニスカートでルセフを助ける。口の悪いロック、ジェリコ、シナ、パイパーなどからセクシーさを認められつつネーチャン呼ばわりで小馬鹿にされている。

2015年の祭典後、ルセフとケンカ別れ。ジグラーと恋人関係になるが、2015年10月に実生活でルセフとの婚約が報道されたことにより、一連の恋愛ストーリーが破綻。2016年7月にルセフと結婚して以降はリングでもルセフのパートナーとしてヒールターンした。

2017年にRAWからSMACKDOWNに移籍した際、夫ルセフのセコンドではなく選手として復帰。ナオミの持つSD女子王座に挑戦するなどシングルプレイヤーとしての活動を始めた。

決めゼリフ・口グセ

シャターーップ! (Shut up!)

「黙りなさい!」のシャラップが本来の英語だが、ロシアなまりだとそうなるのか、彼女はシャターーップと発音する。観客がUSAチャントやルセフをブーイングをした時にムッとして叫ぶことが多い。ジェリコのトークショーに出演した時はモノマネされて、二人でシャターーップ合戦をしていた。

WWE年表

2018年
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」の女子マネー戦ラダーマッチに出場。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の女子ランブル戦に出場。夫ルセフが「ルセフ・デイ!」チャントで謎の大ブレイクを果たしてることに便乗し、「今日はラナの日よ!」と叫ぶが相手にされず脱落。
2017年
9月
次回PPVでのSD女子王座挑戦者決定4ウェイ戦にタミーナのセコンドとして登場し、勝利寸前のナオミを場外に引きずり落とす邪魔をするが、直後にハイキックを喰らって失神。
7月
PPV「バトルグラウンド」で5ウェイ戦エリミネーション・マッチに出場。
7月
PPVの2週後、再びナオミのSD女子王座に挑戦するが秒殺される。しかしフォール時に肩が上がっていたと判明し、GMブライアンが再戦を許可。3度目の挑戦もナオミの関節技を食らって1分かからず秒殺。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でナオミの持つSD女子王座に挑戦したが敗れる。
6月
移籍後初めてSMACKDOWNに登場。後ろで結んだ髪型とタイトなスーツ姿という以前の外見を一変させ、ロングヘアを降ろしゴージャスな衣裳を着て、ルセフのセコンドではなく女子選手として復帰。
4月
SMACKDOWNに移籍。
2016年
12月
エンツォを色仕掛けで誘惑し、ワナにハメて夫ルセフに襲撃させる。
9月
PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」にて、夫ルセフとレインズのUS王座戦でルセフのセコンドにつく。度重なる試合への介入で退場を命じられ発狂。直後にルセフは敗れて王座陥落。
8月
ルセフとリング上で公開披露宴。高価なドレス姿を披露するが、レインズに邪魔され下ネタでバカにされた挙げ句、ルセフとレインズの乱闘の巻き添えを食ってケーキに顔面から突っ込む。
7月
ルセフとカリフォルニア州マリブで結婚式を挙げる。
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
4月
PPV「レッスルマニア32」の事前番組で10人タッグ戦に出場。ヒール・チームの一員としてハイレグのコスチュームを身にまとい、初めて選手として試合に出場した。
3月
サマー・レイ、そしてNXTから再昇格したエマとチームBADとの橋渡し的な役割を担い、ヒール・アライアンスを結成。
3月
ブリーの試合に乱入し、ブリーのフィニッシャーを逆に浴びせる。ブリーと抗争開始した流れでチームBADのナオミ&タミーナと結託するようになる。
2月
ロックが地元マイアミ大会に出場した際、バックステージで談笑。2年前に番組出場した日の夜に二人で「特別な運動」をしたことを微笑みながら聞いてるところに婚約者のルセフが現れ慌てて否定。
2015年
11月
RAW復帰。今までの流れを完全無視したルセフとの婚約ラブラブストーリー開始。
10月
欠場中にルセフと実生活で婚約したことが報道され、ジグラーとの恋愛ストーリー、ルセフ&サマーの婚約ストーリーが同時に破綻する。
9月
ジグラーの控室に侵入したサマーが浮気をしていたという策略にまんまとハマり、ジグラーとの仲がおかしくなる。サマーとの乱闘中にアクシデントで手首を骨折。
8月
PPV「サマースラム」でジグラーのセコンドにつき、ルセフのセコンドについたサマーと場外で大乱闘。
8月
ジグラー欠場中も単独でサマーに立ち向かい、豪快なビンタやキックでサマーを吹き飛ばす。
7月
ルセフと組むようになったサマーと対立。リング上で取っ組み合いの乱闘騒動も発生。
6月
ルセフ&ジグラーとの三角関係ストーリー開始。
5月
PPV「ペイバック」でルセフが敗れたのを自分のせいにされ、さらに罵倒されたことで遂にキレてルセフと訣別。ジグラーに接近してキスを交わすなど色仕掛けを始める。
5月
PPV「ペイバック」のアイ・クイット戦でシナのSTFを喰らってブルガリア語で悲鳴をあげるルセフの言葉を通訳して試合を終わらせるが、負けを認めないルセフからまたも怒られる。
5月
ファンダンゴの誘いに乗って笑顔で一緒に踊ってしまうがルセフに怒られ退場を命じられションボリ。翌週には祖国ロシアに謝罪するという声明文を読むハメに。
5月
PPV「エクストリーム・ルールズ」のロシアン・チェーン戦にて、試合中の「ラナを出せ!」チャントに気を良くしてエプロンに立ち観客に手を振るが、調子に乗るなとルセフに怒られ退場させられる。更にルセフの敗北を自分のせいにされションボリ。
4月
PPV「レッスルマニア31」にて、関係修復したルセフのセコンドにつくが、試合終盤に同士討ち。敗北したルセフから罵倒される。
3月
US王座再挑戦を求めるシナがルセフをSTFで攻撃した際、ルセフを救うために独断で王座再戦を承諾。勝手なことをするなと怒るルセフと関係悪化。
2014年
12月
PPV「サバイバー・シリーズ」でチーム敗北後、お仕置きとしてサージェント・スローターからアメリカへの忠誠を誓うための宣言をさせられそうになり涙目(最終的にはルセフが暴れて宣言せずに済む)。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のチーム対抗戦で権力者チームに入るようステファニーから勧誘され了承するが、「ロシアは嫌いよ」と上から目線で恫喝されビビる。
10月
サプライズ登場したロックに対して果敢にも挑発を仕掛けるが、マイクの達人ロックに勝てるはずがなく、「オマエはセクシーでホットだが風俗嬢みたいな服装やめろ」と小馬鹿にされて絶句。
9月
ルセフとビッグショーの試合に介入し、ビッグショーの足を引っ張って邪魔をしようとするが失敗。睨まれて半泣きになる。
7月
スワガーとの抗争開始により、参謀のコルターとの口論が繰り広げられる。
4月
ルセフのRAWデビューにより共に登場。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る