マイケル・コール

マイケル・コール

Michael Cole
アメリカ・ニューヨーク州シラキュース出身
その他

人物紹介

1993年、アメリカ3大ネットワークの1つ、CBSに入社。サラエボ紛争や大統領選挙の取材など、ジャーナリストとして活動していた。

1997年にWWFと契約。インタビュアーを経て1999年から実況アナウンサーとなる。途中2010年頃から悪役を支持し、ベビーフェイスをケナす「悪役アナウンサー」ギミックとなり、解説者のジェリー・ローラーと抗争してレッスルマニアで試合もおこなっている。この頃はレスラーたちにバカにされたり(現在も時々その名残でバカにされることがある)、暴行されて笑いを取るなどコミカルな要素も前面に出していた。

前任者である実況アナのジム・ロスと犬猿の仲だったが、2012年頃からヒール的要素が薄れ始め、RAW放送中にジェリー・ローラーが心臓発作で倒れて以降はジム・ロスと共に実況を担当。ローラーの無事を祈るコメントを出し続け、この頃からベビーフェイスを熱烈支持し、ヒールの悪行を糾弾する正当派アナウンサーにシフト。レスラーから暴行されることもなくなっている。

WWE年表

2018年
1月
RAW#1286にて、GMカート・アングルから解雇を宣告されブチギレて大暴走するブラウン・ストローマンが実況席を襲撃した際、逃げ遅れてストローマンに捕まり、ステージ下に放り投げられる。警備員が盾となり大事には至らなかったが、負傷した設定により以降の実況には不参加。
2016年
7月
RAWとスマックダウンのブランド分割に伴い、RAW専属の実況担当となる。
2015年
6月
レスナーの謹慎処分が解除され復帰した際、団体側の命令によりレスナーから謝罪を受ける。その際ビビリ過ぎてなぜか自分が先に謝罪してしまう。
4月
祭典翌日のRAWで発狂したレスナーによりリング上でF5を浴び頸椎を負傷(おそらくギミック上)。3週間欠場した後に実況復帰する。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る