ビンス・マクマホン

ビンス・マクマホン

Vince McMahon
アメリカ・ノースカロライナ州パインハースト出身
エグゼクティヴ

人物紹介

WWEのCEO兼代表取締役会長。父ビンス・シニアが創ったプロレス団体WWWF(当時)に入社し、リングアナウンサーやインタビュアーなどでキャリアを積む。1982年にWWF社長就任。ニューヨーク一帯で活動する地方団体だったWWFを全米各地に侵攻させ、最大勢力だったNWAのシェアを奪い崩壊させ、後継団体WCWとの視聴率戦争にも勝利して全米最大の団体へと成長させた最大の立役者。

当初のリングネームは「ビンス・マクマホン・ジュニア」だったが、自身がジュニアと呼ばれる事を嫌ったため父の死後は「ジュニア」の呼称を使わず、所属レスラーでジュニアという名称のレスラー(レイ・ミステリオ・ジュニアやチャボ・ゲレロ・ジュニアなど)にはWWE契約の際にリングネームでジュニアの呼称を使わせないようにしている。

WCWがホーガンなどの「nWo」で大ブームを巻き起こした際は視聴率で大幅に差を開けられて倒産寸前まで追い詰められたが、アティチュード路線を徹底。自らボディービルダー経験を活かしてプロレスラーとして大活躍し、ストーンコールド・スティーブ・オースチンとの抗争などで視聴率競争を逆転させ、WCWを崩壊に追い込んだ。

長らく「悪のオーナー」として番組に登場していたが、義理の息子であるトリプルHがCOOとして番組に登場する機会が増え始めてからは徐々に自身の番組出演を減らし、経営に専念するようになっている。日本語表記では「マクマホン」だが、実際の発音は「ミクメーン」に近い。

異名・ニックネーム

悪のオーナー (The Boss)

ベビーフェイス的立場として登場する時もあるが、大抵の場合は悪い奴として出てくる。

決めゼリフ・口グセ

貴様はクビだ! (You're fired!)

ビンスが「You」という場合、日本語版では「貴様」と翻訳される。

WWE年表

2018年
7月
RAWのオープニングに登場。10月に女子選手単独のPPVを開催すると発表。
1月
RAW#1287(RAW放送25周年記念特番)に登場。シェインとステファニーから25周年記念の盾を贈られるも悪態をつき、全ては自分一人のおかげだと豪語。直後に現れた宿敵ストーンコールドに怯え「私は高齢者だ」と弱気になり、ストーンコールドと恩讐を超えたハグ、そしてビールで乾杯。しかし最後はスタナーを浴びて撃沈。
2017年
9月
シェインとオーエンズの対立によるシェインの無期限停職、及びオーエンズがWWE提訴を主張したことに伴い、事態を収拾するため久々にSMACKDOWN登場。オーエンズに「団体を訴えるなら解雇する」などと脅迫するが効かず、オーエンズに襲撃され流血。後日、頭部裂傷および肋骨3本にヒビが入ったと診断される。
2016年
7月
RAWに出演し、ブランド分割後の責任者としてステファニーをRAWコミッショナーに、シェインをSMACKDOWNコミッショナーに任命。
5月
PPV「ペイバック」で今後のRAW指揮権限をシェインとステファニーのどちらに与えるか発表。片方ではなく両者が共同で番組を運営するよう命令する。
4月
PPV「レッスルマニア32」でアンダーテイカーに敗れた息子シェインが翌日のRAWでファンに別れを告げた直後、一夜限りのRAW番組指揮を許可。シェインの番組運営が高評価だったこともあり、その後もRAWをシェインに仕切らせる。
2月
父ビンス・シニアの名を冠した名誉賞を娘ステファニーに贈呈しようとしたところ、長男シェインに邪魔される。過去の経営失態で弱みを握られているシェインにRAWの番組指揮権限を要求され、条件として祭典でのアンダーテイカー戦を命じる。
1月
レインズとシェイマスのWWE世界王座戦に特別レフェリーとして登場。悪徳レフェリーっぷりを発揮した結果、レインズにブン殴られて失神。王座防衛も許したことで激昂し、PPV「ロイヤルランブル」のランブル戦にWWE世界王座を賭けるよう命令。
2015年
12月
レインズに罠を仕掛けるためリング上で挑発し暴行させるよう仕向けるが、駆け付けた警官に激昂して胸ぐらを掴んだことにより逮捕される。保釈後、再び番組に登場して次週の王座戦に自分が特別レフェリーとなることを発表。
12月
PPV「TLC」で義理の息子HHHを襲撃したレインズを処分するため1年ぶりにRAW登場。レインズの挑発に乗ってしまい、シェイマスとの世界王座戦を受諾。シェイマスを勝たせるため何度も試合に介入するが、最後はレインズのパンチを浴びて失神。
2014年
12月
サバイバー・シリーズで失脚した娘ステファニーと義理の息子HHHを「帝王学のために試練を与えたはずが、このザマか」と罵倒。
11月
RAWに登場し、PPV「サバイバー・シリーズ」で権力者チームが敗れた場合はHHHとステファニーの権力を奪うという条件を出す。
4月
PPV「レッスルマニア30」、そして翌日のRAWに出演した直後に急死したアルティメット・ウォリアーの追悼特番でオープニングに登場し、ウォリアーの冥福を祈るスピーチをした。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る