ルーク・ギャローズ

Luke Gallows
アメリカ・メリーランド州カンバーランド出身
スーパースター

人物紹介

2005年にインディー団体でプロレスデビュー後、同年4月にWWEと契約し、下部団体DSWに参戦。2006年5月にはケインが以前つけていた覆面をかぶり、偽物ケインとしてRAWに初登場。PPV「ヴェンジェンス」でケインとシングル戦を闘って勝利するが、翌日のRAWでケインに逆襲され、マスクを剥がされ追放されるというストーリーの後、一時フェイドアウト。

2007年に「フェスタス(Festus)」とリングネームを変更してタッグユニットとして活動。2009年にはルーク・ギャローズに再改名し、CMパンクらとヒールユニット「ストレート・エッジ・ソサエティ」を結成。2010年にユニットが自然消滅した後はシングル路線に変更。ベビーフェイスに転向するが、直後にWWEから解雇される。

WWE解雇後、2010年12月からアントニオ猪木が主宰するIGFに「キース・ハンソン」という名前で参戦。2012年にはルーク・ギャローズとしてノアに参戦後、2013年11月から新日本プロレスに「ドク・ギャローズ」のリングネームで本格参戦。ヒールユニット「バレット・クラブ(BULLET CLUB)」に加入し、カール・アンダーソンとのタッグでIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍した。

2016年2月、アンダーソンと共に新日本を退団後、WWEと契約。同年4月にウーソズを襲撃する形で久々のRAW復帰を果たした。

異名・ニックネーム

ジ・アウトロー (The Outlaw)

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ハングマンズ・ヌース (Hangman's Noose)

ネックハンギング・ボム。新日本時代からのフィニッシャー。

マジックキラー (Magic Killer)

アンダーソンとの合体技。ブレンバスターの体勢で抱えた相手の足をアンダーソンが自分の肩に乗せ、同時に横旋回して相手を叩き付ける変形ネックブリーカー。

WWE年表

2018年
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に21番手で登場。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」によりSMACKDOWNに移籍。
2月
PPV「エリミネーション・チェンバー」キックオフ・ショーでミズトラージュ(アクセル&ダラス)と対戦し、勝利。
1月
PPV「ロイヤルランブル」キックオフ・ショーでザ・リバイバルとタッグ戦を闘い、敗北。
1月
RAW#1287(RAW放送25周年記念特番)にベイラー・クラブとして登場。同じトゥー・スイートのサインを使うディジェネレーションXのメンバーたちと交流。
1月
新日本プロレス時代にバレット・クラブとして共闘していたベイラーに6人タッグ戦のパートナーとして指名されWWEでは初共闘。ベビーフェイス転向。
2017年
4月
PPV「レッスルマニア33」でラダー戦形式のRAWタッグ王座戦に出場。ハーディー・ボーイズにベルトを獲られ王座陥落。
2月
PPV「ファストレーン」でエンツォ&キャス組とRAWタッグ王座戦。勝利して王座防衛。
1月
PPV「ロイヤルランブル」でセザーロ&シェイマスの持つRAWタッグ王座に挑戦し、勝利して王座奪取。
2016年
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦(タッグ部門)に出場。
9月
PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でニュー・デイのRAWタッグ王座に挑戦し、敗北。
8月
PPV「サマースラム」でニュー・デイのWWEタッグ王座に挑戦。
7月
PPV「バトルグラウンド」でシナ&エンツォ&キャスと6人タッグ戦。
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」の4ウェイ戦形式WWEタッグ王座戦に出場。
5月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でウーソズとトルネード・タッグ戦を闘い勝利。
5月
PPV「ペイバック」でレインズとスタイルズのWWE世界王座戦に乱入。
4月
RAWでウーソズを相手にWWE再デビュー戦を闘い、勝利。
4月
新日本時代の盟友、AJスタイルズとバックステージで再会。その後、スタイルズと王座戦を闘うレインズを背後から襲撃。
4月
試合後のウーソズを背後から急襲する形でRAW初登場。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る