ジェフ・ハーディー

Jeff Hardy
アメリカ・ノースカロライナ州キャメロン出身
スーパースター

人物紹介

インディー団体で活動後、1998年に兄マットと共にWWEとフルタイム選手契約を交わす。兄弟タッグ「ハーディ・ボーイズ(The Hardy Boyz)」としてタッグ王座を何度も獲得。2001年にはトリプルHに勝利してIC王座を獲得し、当時の最年少戴冠記録を樹立した。

2002年にマットと仲間割れしてタッグ解散後はシングル路線となるが、2003年4月にドラッグ使用やリハビリの拒否、リング上でのパフォーマンス低下や度重なるイベントの遅刻などによりWWEを解雇される。

TNAでの活動を経て2006年8月にWWEと再契約。兄マットとタッグを再結成してタッグ王座を獲得するなど活躍するが、2009年8月の敗者追放マッチでCMパンクに敗れ、WWEを退団(その翌日に薬物所持のため逮捕されている)。

退団後は主にTNAで活動。2017年4月のPPV「レッスルマニア33」で兄マットと共にWWE電撃復帰を果たし、いきなりRAWタッグ王座を獲得した。

異名・ニックネーム

カリスマティック・エニグマ (The Charismatic Enigma)

レインボー・ヘア・ウォーリアー (The Rainbow-Haired Warrior)

フィニッシャー(必殺技)・得意技

スワントーン・ボム (Swanton Bomb)

セントーン・ボム。コーナー最上段から前方に回転して自分の後頭部と背中から相手に落ちる。ジェフはラダー最上段やバルコニーからダイブすることもあり危険度では他者の追随を許さない。 WWEの実況担当だったジム・ロスがジェフの技の美しさを白鳥(スワン)にたとえたことからこの技名が名付けられた。

WWE年表

2018年
5月
PPV「バックラッシュ」でUS王座戦。ランディ・オートンの挑戦を退けて王座防衛。
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」にて、前王者マハルとUS王座戦を闘い、勝利して王座防衛。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」により移籍してきたジンダー・マハルの持つUS王座に挑戦し、勝利して新王者となる。
4月
RAW#1298(レッスルマニア34翌日)で7ヶ月ぶりに復帰。ロリンズ&ベイラーとタッグを結成してミズトラージュに快勝。
2017年
9月
6パック戦の試合中に右肩を負傷していたことが判明。手術が必要と診断され、4〜6ヶ月の欠場見込みと発表される。
9月
IC王座挑戦者決定6パック戦に出場。挑戦権獲得ならず。
9月
RAW#1267でミズの持つIC王座に挑戦し、敗れる。
8月
バトルロイヤルで優勝し、IC王座の次期挑戦権を獲得。
7月
PPV「グレート・ボールズ・オブ・ファイヤー」でセザーロ&シェイマス組と30分アイアンマッチ。トータルで敗れ王座奪取ならず。
6月
PPV「エクストリーム・ルールズ」の金網マッチ形式RAWタッグ王座戦。セザーロ&シェイマス組に敗れて王座陥落。
4月
PPV「ペイバック」でセザーロ&シェイマス組とタッグ王座戦を闘い、勝利して王座防衛。
4月
PPV「レッスルマニア33」で兄マットと共にサプライズ復帰。RAWタッグ王座戦に出場し、いきなり王座を獲得する。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る