ボビー・ラシュリー

Bobby Lashley
アメリカ・カンザス州ジャンクション・シティ出身
スーパースター

人物紹介

子供の頃からレスリング選手として活躍。ミズーリ・ヴァレー大学時代には3年連続でレスリングの国内王者にもなっている。大学卒業後はアメリカ陸軍に入隊してレスリングを続けていたが、除隊後の2004年に勤務先で強盗被害に遭い、銃撃されてヒザに重傷を負ったことでレスリングを断念。

2004年11月にWWEと契約を交わし、傘下団体のOVWでプロレスデビュー。当初はヒールで「ブラスター・ラシュリー」というリングネームだったが、ベビーフェイス転向と共にボビー・ラシュリーへと変更。ダークマッチに出場を続けた後、2005年9月にSMACKDOWNでテレビデビュー。2006年1月にはUS王座、同年12月にはECW世界王座を獲得。

2007年4月の「レッスルマニア23」では、ビンス・マクマホンと大富豪(後のアメリカ合衆国大統領)ドナルド・トランプとの敗者髪切りマッチにトランプ側の代理人として出場。ビンス側の代理人ウマガに勝利してトランプの髪を守り、リング上でビンスの頭部をバリカンで丸刈りにした。2007年7月、試合中に肩を負傷して手術を受け、長期欠場。そのまま復帰することなく2008年2月にWWEを解雇された。

WWEを離れてからはAAAやTNAに参戦し、2008年からはアントニオ猪木が設立したIGFにも継続参戦。総合格闘技の大会にも出場し、通算成績15勝2敗という戦績を収めている。

2018年4月、レッスルマニア34翌日のRAWに約11年ぶりの登場。WWEへの復帰を果たした。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

アナコンダ・バイス (Anaconda Vise)

アームロックと袈裟固めの複合技。天山広吉がオリジナル。

WWE年表

2018年
7月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でレインズとシングル戦を闘い、勝利。
6月
自分と同じくユニバーサル王座を狙うライバルとしてロマン・レインズを敵視し始める。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でゼインとシングル戦を闘い、圧勝。
5月
PPVで闘ったゼインから「お前の技のせいで負傷し、サウジアラビアのPPVを欠場した」と難癖をつけられ、抗争開始。
5月
PPV「バックラッシュ」でブラウン・ストローマンと組んでオーエンズ&ゼイン組とタッグ戦。ブレーンバスターでオーエンズにフォール勝ち。
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に44番手で登場。
4月
RAW#1298(レッスルマニア34翌日)に登場し、11年ぶりとなるWWE復帰。アライアスのギター弾き語りを妨害し、超滞空ブレーンバスターで叩き付ける。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る