エンバー・ムーン

Ember Moon
アメリカ・フロリダ州オーランド出身
スーパースター(女子)

人物紹介

2007年からブッカーTに師事してレスリングの修行を始め、同年11月にフロリダ・PCWにて「アテナ」のリングネームでプロレスデビュー。2015年9月にWWEと契約し、同年10月にNXTデビュー。当初は「エイドリアン・リース」だったが、2016年6月からリングネームを「エンバー・ムーン」に変更。

エンバー・ムーンとなって以降はNXTでの連勝記録を続けていたが、2017年5月のNXT女子王座戦で王者アスカ(当時)に敗れて連勝ストップ。アスカが肩の負傷により王座返上した後、2017年11月の王座決定4ウェイ戦で勝利し、NXT女子王座を獲得。

2018年4月、シェイナ・ベイズラーに敗れてNXT女子王座から陥落。2日後のRAWにナイア・ジャックスのタッグパートナーとして登場し、RAW昇格を果たした。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

エクリプス (Eclipse)

飛びつき式のスタナー。コーナー最上段からジャンプし、空中でヒネりながら相手の頭部を抱え、床にお尻から着地する際、相手の頭部を自らの肩に激突させる。

WWE年表

2018年
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」の女子マネー戦ラダーマッチに出場。
4月
RAW#1298(レッスルマニア34翌日)にナイア・ジャックスのタッグパートナーとして出場し、RAW昇格。アレクサ・ブリスにエクリプスを決め、デビュー戦を勝利で飾る。
4月
「NXTテイクオーバー:ニューオーリンズ」でシェイナ・ベイズラーにタップ負けし、NXT女子王座から陥落。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の第1回女子ランブル戦に23番手で出場。ライバルのアスカに排除される。
2017年
11月
肩の負傷によりアスカが返上し、空位となっていたNXT女子王座の王者決定4ウェイ戦に出場。勝利してNXT女子王座を獲得。
8月
アスカの持つNXT女子王座に再挑戦するも敗れる。
6月
怪我から復帰。
5月
アスカとの試合中に肩を負傷。その後に出場予定だった4ウェイ戦形式のNXT女子王座戦をキャンセルして欠場。
4月
アスカの持つNXT女子王座に挑戦し、敗れる。エンバー・ムーンとなって以降続いていたNXTでの連勝記録がストップ。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る