ドリュー・マッキンタイア

Drew McIntyre
スコットランド・サウスエアシャー区エア出身
スーパースター

人物紹介

15歳でプロレスのトレーニングを開始。2003年にイギリスのインディー団体にて「ドリュー・ギャロウェイ」のリングネームでプロレスデビュー。インディー時代にはシェイマスと長く抗争を繰り広げた。

2007年にWWEと契約し、リングネームを「ドリュー・マッキンタイア」に改名して傘下団体で活動。2009年8月、SMACKDOWNで入場中のR・トゥルースを襲撃する形で番組に登場し、同年9月にはビンス・マクマホン会長が登場してWWEとの契約を交わすというギミックが与えられ、ビンスから「未来の世界王者だ」と絶賛される。同年12月にはIC王座を獲得。

2010年9月にはWWEタッグ王座を獲得(パートナーはコーディ・ローデス)するなど活躍。2011年にはドラフトでRAWに移籍するが目立った活躍もなく、同年12月にSMACKDOWNへ再移籍。しかし連敗が続き、2012年3月にはGMのテディ・ロングから(ギミック上の)解雇を告げられたが、翌週に暫定GMとなったジョン・ロウリネイティスから命じられたホーンスワグルとの試合に勝利したことで解雇を免れる。

2012年9月、ヒース・スレイター、ジンダー・マハルと共にロックバンド・ユニット「3MB」を結成。ヒールユニットとして活動していたはずが次第にコメディー要素が強くなり、ジョバーとして負け役が増える。2014年6月にはマハルと共にWWEを解雇された。

その後はインディー団体を転戦し、2015年にはTNAに参戦。2017年4月、NXTのオーランド大会を観客席から観戦し、大会終了後にWWEと契約して再入団。NXTを主戦場とし、同年8月にはボビー・ルードに勝利してNXT王座を獲得。2018年4月には4年ぶりとなるRAW復帰を果たした。

異名・ニックネーム

選ばれし男 (The Chosen One)

WWE登場初期、ビンス・マクマホン会長が「未来の世界王者」と絶賛したことによる。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

クレイモア (Claymore)

助走をつけて片脚を突き刺す形のドロップキック。

フューチャー・ショック (Future Shock)

ダブルアーム式のDDT。

WWE年表

2018年
4月
4年ぶりとなるRAW登場。ドルフ・ジグラーと結託してタイタス・オニールとアポロを襲撃。
2017年
8月
ボビー・ルードを破り、NXT王座を獲得。
4月
3年ぶりにWWEと契約を交わし、NXTで再デビュー。
2014年
6月
WWEから解雇される。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る