ゴールダスト

ゴールダスト

Goldust
アメリカ・テキサス州オースティン出身
スーパースター

人物紹介

父は元NWA世界王者のダスティ・ローデス。異母弟はコーディ・ローデス。英語での発音はローデスではなく「ローズ」だが、父ダスティが日本で「ローデス」と翻訳されたことにならい、字幕版ではローデス表記となっている。

90年代のWWE「アティチュード時代」で活躍した選手の一人。弟コーディがトリプルHの策略で解雇された際、撤回させるためオートンとシングルで闘った頃から本格的にリング復帰。一時はゴールダスト自身も解雇、そして父ダスティも解雇の危機に直面するが、「勝利すれば団体復帰を認める」試合で見事勝利し、兄弟タッグ王者となって第一線に戻る。

2014年、弟コーディ(スターダスト)と共にヒールターンし、宇宙兄弟タッグとして暴れるがコーディの錯乱によりタッグ解消した。

異名・ニックネーム

変態王子 (The Prince of Perversion)

ゴールダストに変身した90年代から呼ばれ続けているニックネーム。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ファイナル・カット (Final Cut)

旋回式ブレーンバスター。相手を持ち上げ、前方でひねって回転させながら叩き付ける。

WWE年表

2018年
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に18番手で登場。
3月
フリーランスとして両ブランドに出場し、チャンスを手に入れたシナへの嫉妬からか、シナにイヤミを言ってから襲撃。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の男子ランブル戦に出場。
2017年
6月
タッグパートナーのトゥルースを襲撃してヒール転向。ゴールデン・トゥルースは解散。
2016年
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
4月
ファンダンゴと組んでタッグトーナメントに出場。
1月
PPV「ロイヤルランブル」のランブル戦に出場。
2015年
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」の事前番組で戦列復帰。
5月
負傷による手術のため長期欠場を発表。復帰まで半年ほどを要するとアナウンスされる。
2月
弟スターダストの錯乱により対立。PPV「ファストレーン」で一騎打ちの末に勝利するが、弟との仲は修復できず。
2014年
10月
PPV「ヘル・イン・ア・セル」で再びウーソズとタッグ王座戦。
9月
ウーソズとの抗争。PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でタッグ王座の再戦。
8月
ウーソズとのタッグ王座戦にリングアウト勝ちするも、「王座が移動しないリングアウトでわざと負けた」と信じ込み、ウーソズを襲撃。兄弟揃ってヒールターン。
8月
変身前に負け続けていたライバクセルに連勝。
7月
コーディが新キャラのスターダストに変身。試合にはあまり出場せず、バックステージでの奇妙な漫才風スキットが続く。
6月
スランプに陥ったコーディからタッグチーム解消と、自分の代わりの新パートナー探しを一方的に告げられる。
1月
ニュー・エイジ・アウトローズに負けてタッグ王座陥落。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る