デビッド・オタンガ

デビッド・オタンガ

David Otunga
アメリカ・イリノイ州シカゴ出身
その他

人物紹介

ハーバード大学の法科大学院を卒業したエリートなのに、ムキムキの筋肉質というイマイチ定まらないキャラ。ネクサス時代にはタッグ王者になっている。妻はアカデミー賞を獲得した女優・歌手のジェニファー・ハドソン。オタンガ自身もハル・ベリー主演の映画に出演している。

背広組のジョン・ロウリネイティス(=元ジョニー・エース)が悪のGMとして登場していた頃、顧問弁護士ギミックで片腕として頻繁に登場し、試合には負けまくる。ロウリネイティス失脚後もデル・リオやビッグ・ショーの法律アドバイザーとして登場したが、現在は試合をほとんどせず、本当に弁護士業がメインになってるとのこと。

2016年7月、ジェリー・ローラーの代役としてスマックダウンの実況チームに参加。ブランド分割後は正式にスマックダウンの実況チーム入りした。

異名・ニックネーム

ハーバード法科大卒 (The Harvard Law School Graduate)

そのまんま。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

バーディクト (Verdict)

変形チョークスラム。

WWE年表

2018年
1月
PPV「ロイヤルランブル」キックオフ・ショーにパネリストとして参加。
2017年
11月
女優のジェニファー・ハドソンと破局したことが報道される(二人は結婚しておらず、ハドソンは婚約関係のまま出産していたことも明らかになる)。ハドソン側がオタンガ側に対する保護命令を申請したことも伝えられる。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」によりバイロン・サクストンと入れ替わる形でRAWの実況チームへ移籍したと発表される。しかし映画撮影のため代役としてブッカーTが実況チーム入り。
2016年
7月
ブランド分割後のスマックダウンで正式に実況チーム入り。
6月
スマックダウンの解説者ジェリー・ローラーが逮捕されたことにより無期限出場停止処分となったため、代役として1回だけスマックダウンの解説者となる。
2014年
4月
PPV「レッスルマニア30」のアンドレ杯バトルロイヤルに出場。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る