ボー・ダラス

ボー・ダラス

Bo Dallas
アメリカ・フロリダ州ブルックスビル出身
スーパースター

人物紹介

祖父はブラックジャック・マリガン、父はマイク・ロトンド、兄はブレイ・ワイアットというレスリング一家に育つ。NXTのトーナメントで優勝したことにより2013年のPPV「ロイヤルランブル」でランブル戦にサプライズ出場。ウェイド・バレットを脱落させて注目を浴びる。

2014年、相手を激励しつつバカにする「ボーリーブ」ギミックでRAW昇格。気色の悪い笑顔と、JBLが大絶賛する啓発活動で独自の路線を進むが負傷欠場などもあり徐々に番組出演が減る。2017年、ミズに勧誘される形でカーティス・アクセルと共に「ミズトラージュ」というヒールユニットを結成。

異名・ニックネーム

ボーリーブ (Bo-lieve)

「信じること(Believe)」と自分のリングネームをかけた造語。自分の哲学に同意するものや自分のファンを「ボーリーバー」と自分で呼んでいる。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ボー・ドッグ (Bo-Dog)

コーナーのトップロープを利用した三角跳び式のブルドッギング・ヘッドロック。

WWE年表

2018年
8月
PPV「サマースラム」でリバイバルを相手にRAWタッグ王座戦。勝利して王座防衛。
7月
RAWで前王者組と再戦して勝利し、王座防衛。
7月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でマット・ハーディー&ブレイ・ワイアットの持つRAWタッグ王座に挑戦し、勝利して新王者となる。
5月
ミズと訣別したため「ミズトラージュ」のユニット名が消滅し、新しいユニット名として「Bチーム」を名乗る。
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に15番手で登場。
4月
ミズのSMACKDOWN放出に伴いミズトラージュは解体。メインの10人タッグ戦でミズからのタッチを拒否し、ミズを裏切る。
2月
PPV「エリミネーション・チェンバー」キックオフ・ショーでギャローズ&アンダーソン組と対戦し、敗北。
2017年
10月
RAW#1275から復帰。早速ケインに襲撃される。
10月
RAW#1272を欠場。後に「ウイルス性髄膜炎に感染したため」と発表される。
10月
シールドをパクって観客席から入場するが、前週襲撃したレインズの報復によりステージ上でイス攻撃の滅多打ちにあう。
9月
IC王座挑戦者決定6パック戦に出場。挑戦権獲得ならず。
6月
ミズにそそのかされ、カーティス・アクセルと共にアンブローズを襲撃。ヒールユニット「ミズトラージュ」結成。
2016年
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
1月
ヒールユニット「ソーシャル・アウトキャスト」を結成。
2015年
9月
PPV翌日、アンダーテイカーに敗れて不機嫌なレスナー&ヘイマンの前に登場して馬鹿にした発言をしたため、スープレックス祭りで葬られる。
7月
ポジティブ思考の共通点を持つニュー・デイと共闘。その際に絶望的なリズム感の無さを披露。
4月
長期欠場から復帰。レインズを失敗者呼ばわりしてバカにした結果スピアーを喰らう。
2014年
11月
左脚を負傷し、長期欠場に入る。
9月
PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でルセフとの米露決戦に敗れて傷心のヘンリーをまたもバカにして抗争開始。
8月
PPV「サマースラム」でルセフとの米露決戦に敗れて傷心のスワガーをバカにして抗争開始。
7月
調子に乗ってたところをトゥルースに丸め込まれてフォール負け。ボーリーブとしてデビュー後に続いてた連勝記録を止められる。
6月
連勝が続くものの、徐々に性格の悪さを露呈させ始める。エル・トリートを相手にイジメ同然で勝利した後にビクトリーランで突き飛ばし、完全にヒールとして認知される。
5月
スマックダウンにてシン・カラを相手に「ボーリーブ」としてのデビュー戦を勝利。歓喜のビクトリーランを終え、敗れたシン・カラの健闘をたたえて握手&笑顔。
4月
RAWやスマックダウンで1軍デビュー用のプロモーション映像が流され始める。おもいっきりベビーフェイス的な映像。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る