シャーロット・フレアー

シャーロット

Charlotte Flair
アメリカ・ノースカロライナ州シャーロット出身
ディーバ

人物紹介

殿堂者リック・フレアーの娘。ウー!という雄叫びや水平チョップなど、父を意識したムーブを試合中に出すこともある。長身でスタイルもよく、柔軟で抜群の身体能力を持ち、高い人気を誇る。

2012年にWWEと契約し、2013年にNXTでプロレスデビュー。2014年4月にはNXT女子王者を獲得。2015年7月、ステファニーのディーバ活性化宣言により1軍昇格。ペイジ&ベッキーとユニットを結成したがペイジの造反によりチーム解体。2016年10月に初めてディーバ王座を獲得するが、父フレアーをセコンドにつけてヒール転向。父譲りの「卑劣なファイト」を展開するようになる。

2016年10月からリングネームを「シャーロット・フレアー」に変更。私生活では2度の離婚歴がある。

異名・ニックネーム

ネイチャー・ガール (The Nature Girl)

父リック・フレアーの異名が「ネイチャー・ボーイ」だったのが由来。

女王 (The Queen)

WWE女子王座(後にRAW女子王座)を戴冠してから自称するようになる。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

フィギュア・エイト(8の字固め) (Figure Eight)

父リック・フレアーのフィニッシャーでもある4の字固めの改良版。4の字固めを決めた後、柔軟な身体能力を活かして上半身をブリッジさせる。

ナチュラル・セレクション (Natural Selection)

相手がヒザをついてる状態で、背後から首を抱えて前方に回転するスタナー。

ナイフエッジ・チョップ (Knife edge chop)

父リックの代名詞でもある水平チョップ。自身も観客も「ウー!」と大合唱する。

WWE年表

2017年
7月
PPV「バトルグラウンド」で5ウェイ戦エリミネーション・マッチに出場。
5月
PPV「バックラッシュ」でヒールユニット「接待組」と6人タッグ戦を闘い敗北。
5月
移籍してすぐの王座挑戦に嫉妬したナタリヤたち3人組に襲撃され、ベッキー&ナオミと同盟結成してベビーフェイス転向。
4月
移籍後初となるタイトル戦。ナオミの持つSD女子王座に挑戦するが、ヒール勢に乱入されて試合を壊される。
なお、この試合によりシャーロットは「RAW、SMACKDOWN、そしてPPVにおいてメイン戦に出場したWWE史上初の女子選手」となった。
4月
SMACKDOWNに移籍。
4月
PPV「レッスルマニア33」でエリミネーション戦形式のRAW女子王座戦。最後の2人まで残るがベイリーに敗れる。
2月
PPV「ファストレーン」でベイリーの持つRAW女子王座に挑戦。敗れて王座奪取ならず。PPVでの王座戦における無敗&連勝記録が16でストップ。
2月
RAW#1238でベイリーとRAW女子王座戦。敗れて王座陥落。
1月
PPV「ロイヤルランブル」でベイリーと女子王座戦。勝利して王座防衛し、PPVでの王座戦成績を16勝無敗に伸ばす。
2016年
12月
ベイリーと抗争開始。WWE昇格後のベイリーに3戦全敗となるが、肩が上がっていたとして弁護士を通じてステファニーに抗議し、3敗目の試合を帳消しにする。
12月
PPV「ロードブロック」でRAW女子王座を賭けた30分アイアンマン戦。延長戦の末、サーシャに勝利して王座奪取。WWEデビュー後のPPV戦績を15勝無敗とする。
11月
地元で開催されたRAWにて女子王座戦。サーシャに敗れて王座陥落。試合後に登場した(絶縁中の)父フレアーがサーシャを祝福するのを見て涙する。翌週のRAWにてフレアーと久々の対面を果たすが、和解するフリをして父にビンタを放つ。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦(女子部門)にチームRAWのキャプテンとして出場。チームを勝利に導くが、共に勝ち残ったベイリーを試合後に襲撃。
10月
PPV「ヘル・イン・ア・セル」でサーシャのRAW女子王座に挑戦し、勝利して3度目の王座戴冠。PPVで13連勝という記録を作り、女子で初めてPPVのメイン戦を闘った選手、女子で初めてセル戦を闘った選手という記録も樹立。
10月
リングネームを「シャーロット・フレアー」にマイナーチェンジ。
10月
RAW#1219のメインでRAW女子王座戦。サーシャに敗れて王座陥落。
9月
PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でサーシャ&ベイリーと三つ巴のRAW女子王座戦。勝利して王座防衛。
8月
PPV「サマースラム」でサーシャと再戦。勝利して王座を奪い返す。
7月
PPV翌日のRAWでサーシャと女子王座戦を闘い、敗れて王座陥落。
7月
PPV「バトルグラウンド」でサーシャ&ベイリー組と対戦し、敗れる。
7月
ブランド分割に伴うドラフトでRAW所属となる。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でデイナと組み、ナタリヤ&ベッキー組に勝利。
5月
PPV翌日のRAWで父のフレアーに三行半を叩き付け絶縁(ギミック上)。
5月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でナタリヤとWWE女子王座戦。今度はデイナ・ブルックの介入により三たびズル勝ちで王座防衛。
5月
PPV「ペイバック」でナタリヤとWWE女子王座を賭けて再戦。ナタリヤのセコンドについたブレット・ハートの悪夢でもある「モントリオール事件」を再現させレフェリーの不正介入によりズル勝ちの王座防衛。しかし試合後にブレット&ナタリヤからシャープ・シューターでお仕置きされる。
4月
RAWでナタリヤとWWE女子王座戦。父フレアーの介入により反則負けながら王座を防衛。
4月
PPV「レッスルマニア32」でトリプルスレット戦を闘い勝利。復活したWWE女子王座の初代王者となる。
3月
「ロードブロック」でディーバ王座戦。ナタリヤを相手に王座防衛。
2月
PPV「ファストレーン」でディーバ王座戦。ブリーを相手に王座防衛。
2015年
12月
親友だったベッキーとの試合でだまし討ちの勝利。父フレアーをセコンドとして帯同し、父と同様の卑劣なファイトを展開するようになる。年内最後のRAWでベッキーに負けたことで激昂し、背後から襲撃したことで明確にヒール転向。
12月
PPV「TLC」で再びペイジの挑戦を受けディーバ王座戦。勝利して王座防衛。
11月
ペイジとの抗争継続。父フレアーをセコンドとして帯同し、謎のヒール化。親友ベッキーに卑怯技で勝利したりペイジに悪態をつくようになる。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」でペイジとディーバ王座戦を闘い、王座防衛に成功。
11月
ディーバ王座調印式で亡き弟をペイジに侮辱されてブチ切れる。
11月
ペイジの裏切りによりPCB崩壊。ペイジと抗争開始。
10月
PPV「ヘル・イン・ア・セル」のディーバ王座戦で再戦権を行使したニッキーと再戦。勝利して王座防衛。
9月
PPV翌日のRAWで祝勝会。父フレアーやPCBの仲間に感謝の言葉を述べるが、嫉妬したペイジに罵倒されて険悪な雰囲気となる。
9月
PPV「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でディーバ王座に再挑戦し勝利。号泣する父フレアーと抱擁を交わし、親子でのフレアー・ウォークを披露。
9月
ビート・ザ・クロック戦に最短時間で勝利し、王座挑戦権を獲得。PPV1週間前のRAWでニッキーの王座に挑戦するが「双子の魔法」によるベラ姉妹の策略で反則勝利し、王座奪取ならず。
8月
ペイジ&ベッキーとのチーム名が「PCB」と決まる。PPV「サマースラム」でチーム対抗エリミネーション戦に出場。
7月
PPV「バトルグラウンド」にユニット代表として三つ巴戦に出場。ブリーからタップを奪い1軍デビュー戦で大金星。試合後のバックステージで父フレアーから祝福される映像も公開された。
7月
ステファニーのディーバ革命宣言によりRAW初登場。ペイジ&ベッキーとユニットを結成する。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る