アレクサ・ブリス

Alexa Bliss
アメリカ・オハイオ州コロンバス出身
ディーバ

人物紹介

5歳から様々な運動を始め、ソフトボール、陸上、キックボクシング、体操などを経験。大学時代にはチアリーディングに励み、ボディービルの競技会に出場したこともある。

2013年5月にWWEと契約し、同年8月に「アレクサ・ブリス」のリングネームでNXTに初登場。2015年にはカーメラとの抗争の流れでタッグユニット「ブレイク&マーフィー」の試合に介入して彼等を助けヒール転向。ユニットに加わり行動を共にするようになる。

2016年7月、ブランド分割に伴うWWEドラフトでスマックダウンから指名されWWE昇格。同年12月にはスマックダウン女子王座を獲得した。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

ツイステッド・ブリス (Twisted Bliss)

コーナー最上段から飛び、空中で縦回転(=ムーンサルト)ではなく横回転で180度回ってから相手をプレスするスプラッシュ技。NXT時代はスパークル・スプラッシュ(Sparkle Splash)という技名だったが、WWE昇格を機に現在の名称へと変更した。

DDT

特に何の変哲もない通常のDDT。2017年からフィニッシャーとして使い始める。

グリッツ・フリップ (Glitz Flip)

スタンディング・ムーンサルトの要領で後方に1回転し、着地時に両ヒザで相手の腹部にニードロップを落とす。

WWE年表

2017年
4月
PPV「ペイバック」でベイリーの持つRAW女子王座に挑戦。勝利して新王者となり、史上初の「RAWとSMACKDOWN、両ブランドの女子王座を獲得したスター」となる。
4月
RAWに移籍。
4月
PPV「レッスルマニア33」の6パック戦形式SD女子王座戦に出場。ナオミにタップ負けして王座陥落。
2月
女子王者ナオミが脚の負傷により王座返上。王座決定戦でベッキーに勝利し、2回目の女子王座獲得。
2月
PPV「エリミネーション・チェンバー」でナオミとSD女子王座戦を闘い、敗れて王座陥落。
1月
ナオミと抗争開始。ナオミに2連敗を喫する。
1月
ベッキーと抗争継続。スマックダウン初となる金網戦形式の女子王座戦をベッキーと闘い、謎の覆面女子レスラー(正体はミッキー・ジェームズ)の介入により勝利して王座防衛。
2016年
12月
PPV「TLC」でベッキーの持つSD女子王座に挑戦。勝利して王座奪取。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦(女子部門)に出場。
10月
スマックダウンでベッキーのSD女子王座に挑戦。ディスアーマーを仕掛けられ足でロープブレークするもレフェリーが気付かずタップ負け。
10月
PPV「ノー・マーシー」でベッキーの持つSD女子王座に挑戦する予定だったが、ベッキー負傷欠場のため延期。代役として出場したナオミと闘い敗れる。
9月
次期SD女子王座戦の挑戦者決定4ウェイ戦で勝利し、挑戦権を獲得。
8月
PPV「サマースラム」の6人タッグ戦に出場。
7月
ドラフトでスマックダウンから指名され、WWE昇格を果たす。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る