カーメラ

Carmella
アメリカ・マサチューセッツ州ウースター出身
スーパースター(女子)

人物紹介

大学卒業後、アメフトNFLチームのニューイングランド・ペイトリオッツでチアリーダーを3期務めた後、バスケットボールNBAチーム、ロサンゼルス・レイカーズのダンスチーム・オーディションに合格。2011年まで2年間レイカーズのダンスチームに所属した。

2013年6月にWWEと契約。同年12月にリングネームを「カーメラ」に変更。2014年9月にエンツォ&キャスの専属美容師というストーリーでNXTに初登場。直後にエンツォ&キャスのせいで美容師をクビになったという設定で10月にプロレスデビュー。エンツォ&キャスとユニットを結成し、行動を共にする。

2016年3月、PPV「ロードブロック」で組まれたNXTタッグ王座戦にエンツォ&キャスのセコンドとしてWWE初登場。同年7月、ブランド分割に伴うWWEドラフトでSMACKDOWNに昇格。2017年6月に開催された女子史上初のマネー権争奪ラダーマッチに勝利し、287日後の2018年4月にキャッシュインしてSD女子王者となった。

私生活では元WWEスーパースターのビッグ・キャスと交際中。

異名・ニックネーム

スタテン島の王女 (The Princess of Staten Island)

メラ姫 (Princess Mella)

ファビュラス (Fabulous)

自身の入場テーマ曲タイトルにもしているキャッチフレーズ。

決めゼリフ・口グセ

私は稼げる女 (Mella is Money)

2017年に初めてSD女子王者となって以降、自画自賛する時に使うフレーズ。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

コード・オブ・サイレンス (Code of Silence)

首四の字固めで相手の頭部を締め、脚力で相手の上半身を反らしてクロスフェイスの要領でタップを奪う。

WWE年表

2019年
1月
女子王座挑戦権をかけたトリプルスレット戦に出場し、最後はタップ負け。
2018年
12月
R・トゥルースと組んだ「ミックスドマッチ・チャレンジ」で決勝に進出。PPV「TLC」でマハル&アリシア組と闘い、勝利して優勝。次回PPV「ロイヤルランブル」の女子ランブル戦30番目の出場シード権も獲得。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」の女子ブランド対抗戦にSMACKDOWNのメンバーとして出場。タミーナから金星をあげた直後、試合中にもかかわらず音楽を流して踊り狂う。
10月
PPV「エボリューション」の20人バトルロイヤルに出場。試合中にもかかわらず音楽を流して踊り狂う。
10月
SMACKDOWNの1000回記念放送オープニングで「トゥルースTV」を開催。マクマホン一家と共に踊り狂う。
9月
ミズTVをパクった「トゥルースTV」でトゥルースと共にホストを務める。
9月
勘違いのストーキングを続けるトゥルースを煙たがるも、対戦相手が悪口を言ってると告げ口してきたトゥルースを許して意気投合。ユニットを結成してベビーフェイス転向。
8月
シャーロットがカーメラにノンタイトル戦で勝利したことで王座挑戦権を獲得したことを勘違いしたR・トゥルースから「俺もカーメラと闘わせろ」と勘違いの宣戦布告をされる。
8月
PPV「サマースラム」でSD女子王座を賭けてシャーロット&ベッキーとトリプルスレット戦。シャーロットがベッキーに勝利したため、負けずして王座陥落。試合後に号泣。
7月
PPV「エクストリーム・ルールズ」でアスカとSD女子王座戦を闘い、エルズワースに介入させて勝利し、王座防衛。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でアスカとSD女子王座戦。WWEに電撃復帰したジェームズ・エルズワースにアスカの扮装で介入させ、フォール勝ちして王座防衛。
5月
PPV「バックラッシュ」でSD女子王座戦。シャーロット・フレアーの挑戦を退け、王座防衛。
4月
SMACKDOWN#973(レッスルマニア34の2日後)、シャーロットがアイコニックスの2人に襲撃された直後にリングインしてキャッシュインを宣言。試合に勝利してSD女子王座を獲得。
3月
SMACKDOWN#970でナタリヤと対戦していたシャーロットがダウンした際にリングまで疾走し、キャッシュインを宣言。しかし回復したシャーロットに攻撃され、またもキャッシュイン未遂に終わる。
1月
SMACKDOWN#963で女子王者シャーロットがライオット・スクワッドに襲撃されリング上でダウンしているところでリングに駆け付け、レフェリーにキャッシュインを宣言。しかし権利行使直前で慌てて繰り出したドロップキックがレフェリーに誤爆し、シャーロットが回復してしまったため撤退。
1月
PPV「ロイヤルランブル」の女子ランブル戦に出場。脱落したばかりのヴィッキー・ゲレロにムーンウォークを見せつけるが、怒ったヴィッキーにブン殴られて失神、天罰が下る。
2017年
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦にチーム・ブルーの一員として出場。アスカにビンタし、ブチギレたアスカの顔面蹴りをモロに喰らって脱落。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」の女子チーム主将を巡ってTwitter上で批判合戦を繰り広げたベッキーとエルズワースの試合をセコンドから観戦。敗れたエルズワースを試合後に蹴る。
9月
度重なるエルズワースの失敗にブチギレて罵倒し、ユニット解消を通告。その後バックステージで「もう1度だけチャンスが欲しい」と懇願するエルズワースに対し、キスした後にビンタするという不可解な行動で仲直り。
6月
女子マネー権争奪ラダーマッチの再戦で、再びエルズワースのサポートを得て今度は正当にアタッシュケースを獲得。
6月
PPVの2日後、GMブライアンにより「確かに反則OKルールだが、マネー権を得るのは女子選手がケースを獲得した時だけだ」という裁定によりマネー権を剥奪され、再試合を命じられる。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」の女子マネー権争奪ラダーマッチでセコンドのエルズワースがアタッシュケースを獲得し、カーメラに渡したことでマネー権を獲得。反則OKルールなのでマネー権獲得は正当なものだと主張。
5月
PPV「バックラッシュ」でベビーフェイス組と6人タッグ戦を闘い勝利。
4月
移籍してきたシャーロットを歓待するため(実際はイジメるため)、ナタリヤ&タミーナとヒールユニット「Welcoming Committee(日本放送では接待組と翻訳)」を結成。
4月
PPV「レッスルマニア33」の6パック戦形式SD女子王座戦に出場。
2月
エルズワースとのタッグでシナ&ニッキーと対戦。ニッキーにブン殴られ放り投げられ極められて終了。
2016年
12月
エルズワースに急接近する。
12月
PPV「TLC」でニッキーとノーDQ戦を闘い敗北。試合後、「サバイバー・シリーズ」でニッキーを襲撃したのは自分ではなくナタリヤだと暴露。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦(女子部門)に出場。
10月
ニッキーと抗争継続。PPV「ノー・マーシー」でシングル戦を闘い敗北。
9月
PPV「バックラッシュ」のSD女子王座決定エリミネーション戦に出場。最後の2人まで残るがベッキーに敗北。
8月
「サマースラム」で復帰したニッキーを何度も襲撃し、ヒール転向。
8月
PPV「サマースラム」の6人タッグ戦に出場。
7月
ドラフトでスマックダウンから指名され、WWE昇格を果たす。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る