ボビー・ルード

Bobby Roode
カナダ・オンタリオ州スカーバロー出身
スーパースター

人物紹介

1998年にプロレスデビュー。カナダのインディー団体や、プエルトリコのWWCなどに転戦を続け、WWF時代のダークマッチにも出場経験がある。

2004年にTNAと契約。ユニット「チーム・カナダ」のメンバーとして長らく活動後、2008年にはジェームズ・ストームとタッグユニット「ビア・マネー・インク」を結成。2011年に解散するまでTNAタッグ王座を4度獲得した他、シングルでもTNA世界ヘビー級王座を獲得するなど活躍。2014年には提携していた日本のWRESTLE-1に出場し、船木誠勝と対戦している。

2015年9月にビア・マネー・インクを再結成してタッグ戦線で活動したが、2016年3月に12年間所属したTNAを退団。直後の2016年4月にWWEと契約し、2016年6月にNXTで初試合。2017年1月のNXTテイクオーバー・サンアントニオ大会において当時のNXT王者だった中邑真輔に挑戦し、勝利して王座を初戴冠している。

2017年8月、WWEに昇格してSMACKDOWNに所属。2018年1月、US王者決定トーナメントに出場して優勝し、US王座を初戴冠。

異名・ニックネーム

グローリアス・ワン (The Glorious One)

決めゼリフ・口グセ

グローリアス (Glorious)

フィニッシャー(必殺技)・得意技

グローリアスDDT (Glorious DDT)

相手の頭部を脇に抱え、宙に持ち上げてからDDTの形でリングに落とす。

WWE年表

2018年
11月
AOPの持つRAWタッグ王座に挑戦。散々バカにしていた相手チームのマネージャー、ドレイク・マーベリックに自身のガウンを盗まれた上、小便をかけられて狼狽し、敗北。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のタッグチーム・ブランド対抗戦にRAWのメンバーとして出場。
9月
チャド・ゲイブルとタッグユニットを結成。
6月
PPV「マネー・イン・ザ・バンク」で男子マネー権争奪ラダーマッチに出場。
4月
サウジアラビアで開催されたPPV「グレーテスト・ロイヤル・ランブル」の50人出場ランブル戦に25番手で登場。
4月
「スーパースター・シェイクアップ」によりRAWに移籍。
4月
PPV「レッスルマニア34」で4ウェイ戦形式のUS王座戦に出場。勝敗には絡まず。
3月
PPV「ファストレーン」でオートンを相手にUS王座の防衛戦。敗れて王座陥落。
2月
SMACKDOWN#964でルセフとUS王座戦を闘い、勝利して王座防衛。しかし試合後に乱入したオートンのRKOを喰らう。
1月
PPV「ロイヤルランブル」キックオフ・ショーでモジョ・ローリーとUS王座戦を闘い、勝利して王座防衛。
1月
US王者王者決定トーナメント、準決勝でモジョ・ローリーに勝利。決勝もジンダー・マハルに勝利してUS新王者となる。
2017年
12月
ジグラーの返上(放棄)により空位となったUS王座の王者決定トーナメントに出場。1回戦で前US王者のコービンに勝利。
12月
PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」でUS王座を賭けたトリプルスレット戦に出場。勝敗には絡まず。
11月
PPV「サバイバー・シリーズ」のブランド対抗戦にチーム・ブルーの一員として出場。ストローマンのパワースラムを浴びて脱落。
10月
「サバイバー・シリーズ」のチームメンバー入りを懸けてジグラーと対戦し、勝利してPPV出場決定。
10月
PPV「ヘル・イン・ア・セル」でジグラーとシングル戦。最後はタイツを掴むフォールの応酬の末に勝利。しかし終了直後にジグラーから襲撃される。
8月
SMACKDOWN#940にてWWEデビュー戦。イングリッシュを相手にグローリアスDDTを決めて勝利。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る