アレクサンダー・ウルフ

Alexander Wolfe
ドイツ・ザクセン州ドレスデン出身
スーパースター

人物紹介

13歳でプロレスのトレーニングを開始し、2001年に地元ドイツのインディー団体でプロレスデビュー。「アックスマン」のリングネームで長らくドイツを主戦場とし、大日本プロレスへの参戦経験もある。

2015年4月にWWEと契約し、同年7月にNXTでテレビデビュー。8月にはリングネームを「アレクサンダー・ウルフ」と改名。10月にはエリック・ヤング、ソーヤー・フルトン、ニッキー・クロスとヒールユニット「サニティ(SAnitY)」を結成(後にキリアン・デインが加入)。

2018年4月、ヤング、デインと共に「サニティ」としてSMACKDOWNに昇格した。

フィニッシャー(必殺技)・得意技

デス・バレー・ドライバー (Death Valley Driver)

相手を肩に担ぎ、横に落とす形で相手を頭部から叩き付ける。オリジナルは全日本女子プロレスの三田英津子。

WWE年表

2018年
4月
「スーパースター・シェイクアップ」によりエリック・ヤング、キリアン・デインと共にユニット「サニティ」としてSMACKDOWNに昇格。
スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る