RAW女子王座(旧名称:WWE女子王座)

★RAW女子王座(RAW Women’s Championship)

1956年に「NWA女子王座」として新設され、初代王者はファビュラス・ムーアだった。1983年にビンス・マクマホンが王座の権利を買い取り、「WWF女子王座(WWE Women’s Championship)」と改称。

WWFとWWEの視聴率戦争が激化していた1995年、WWF女子王者だったアランドラ・ブレイズが王者のままWCWに電撃移籍。「WCWマンデイ・ナイトロ」の番組内で実況席のゴミ箱に女子王座のベルトを捨てるというパフォーマンスが全米に生中継で放送され、王座が一時的に凍結される。

1998年に王座が復活。2002年にRAWとスマックダウンの2ブランド制になって以降は主にRAW管轄の女子王座として争われた。2009年に当時の王者メリーナがRAWからスマックダウンに移籍したのを機にスマックダウン管轄となる。2010年の「ナイト・オブ・チャンピオンズ」でディーバ王座とWWE女子王座が統一され、WWE女子王座は封印されて女子のタイトルはディーバ王座1つのみとなっていた。

2016年の「レッスルマニア32」で、ディーバ王座戦の勝利者を新たにWWE女子王者として認定すると発表され、再び王座が復活(ディーバ王座は封印された)。同年、ブランド分割により当時の王者シャーロットがRAWにドラフト指名されたため、WWE女子王座はRAW管轄となる。

2016年9月、スマックダウン側に新たな女子王座が誕生したことを受け、PPV「クラッシュ・オブ・チャンピオンズ」より名称が「RAW女子王座」へと変更された。

最新の王者

★アレクサ・ブリス
※2018年6月、PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でマネー権を獲得。直後のRAW女子王座戦に乱入してキャッシュイン。ナイアに勝利して王座奪取。

歴代王者(新しい順)

  • ★ナイア・ジャックス
    ※2018年4月、PPV「レッスルマニア34」でアレクサに勝利。
  • ★アレクサ・ブリス
    ※2017年8月、RAW#1266でサーシャに勝利。
  • ★サーシャ・バンクス
    ※2017年8月、PPV「サマースラム」でアレクサに勝利。
  • ★アレクサ・ブリス
    ※2017年4月、PPV「ペイバック」でベイリーに勝利。(RAWとSMACKDOWN、両ブランドの女子王座を獲得した史上初の選手となる)
  • ★ベイリー
    ※2017年2月、RAW#1238でシャーロットに勝利。
  • ★シャーロット・フレアー
    ※2016年12月、PPV「ロードブロック」の30分アイアンマン戦でサーシャに勝利。
  • ★サーシャ・バンクス
    ※2016年11月、RAW#1227でシャーロットに勝利。
  • ★シャーロット・フレアー
    ※2016年10月、PPV「ヘル・イン・ア・セル」でサーシャに勝利。
  • ★サーシャ・バンクス
    ※2016年10月、RAW#1219でシャーロットに勝利。
  • ★シャーロット
    ※2016年8月、PPV「サマースラム」でサーシャに勝利。
  • ★サーシャ・バンクス
    ※2016年7月、RAW#1209でシャーロットに勝利。
  • ★シャーロット
    ※2016年4月、PPV「レッスルマニア32」のトリプルスレット戦に勝利。復活した王座の初代王者となる。

スポンサーリンク

WWE HOLIC
SNSで当サイトの記事更新情報を配信しています。 プロフィール】【Facebook
ページ上部へ戻る